自分の顔型でフレームを選ぶ

メガネ選びで最大のコツは、「丸」「面長」「四角・ベース型」「三角」などの自分の顔型に合ったフレームを選ぶことにあります。丸顔の場合は横幅があるように見えるため縦を強調するフレームが似合うため、スクエアタイプや上下幅が浅いバレルタイプなどがおすすめです。面長の場合は、ボストン型やウェリントン型などの縦幅のあるフレームにすると顔の長さを打ち消してくれます。逆にスリムなフレームは長さを強調してしまうので気を付けましょう。四角やベース型などの角が目立つ場合は、柔らかな印象で丸みがあるボストン型やオーバル型がおすすめです。三角の場合も同様で、丸みがあるフレームだと顔のシャープさを抑えてくれるのでラウンド型やオーバル型をかけると顔のバランスを取りやすくなります。

目の間隔に合うブリッジ幅と高さを選ぶ

顔の型でフレームが決まったら、次は目の間隔に合ったブリッジを選ぶことがカッコよく見えるコツです。黒目はレンズの中心にあるとすっきり見えるため、目の幅が狭いタイプの場合は狭いブリッジを、逆に目の幅が離れている場合は広めのブリッジを選びましょう。幅が決まったら高さをチェックします。黒目がレンズの上部にあると、メガネがずり落ちているように見えるため「幼く・だらしなく」見えてしまいます。一方、レンズの下部にあると上部にあるよりも見た目に違和感を感じます。一般的な理想はレンズの中央から内側に5ミリ、上に5ミリほどの範囲に黒目があることですが、男性の場合はやや内寄りを意識した位置にすると見た目がカッコよくなるのでおすすめです。

めがねが使用可能な寿命は2~3年程度と言われています。ただし、使用方法や素材などによって長持ちする場合もあります。