メガネ選びのポイントは自分に合ったものを選ぶこと

どうして彼女はあんなにメガネが似合うのだろうと羨ましくなるときがあります。メガネをかけると度数が強くて顔が小さく見える、なんだか地味な印象になってしまうからなるべくメガネを避けたいと考えている人もいるはずです。普段はコンタクトレンズだけど、体調や目の具合が悪いときだけメガネをかけるという人は、たまにしかメガネをかけないせいで、特にそう感じてしまいがちです。ですが体調の悪いときだけでなく普段から自信をもってメガネをかけるには、自分に合ったメガネを選ぶことがポイントです。自分に合ったメガネとは、なりたい自分になるためのメガネということで、明確なイメージをもって選べばきっと自信を持ってメガネをかけられるメガネ美人になれます。

顔の形や肌色に似合うデザインとカラーを知っておくことも大切

メガネを選ぶ時のポイントは幾つかあります。知的な女性に見せたいときはスクエア型、オシャレに装いたいときは赤いフレームなどいろいろ選択肢がありますが、知っておいた方がよいことに顔の形や肌の色との相性があります。丸顔の人は下のフレームが無いタイプや上下の幅が狭いもの、直線ラインのあるタイプだと輪郭をすっきりと見せてくれます。これに対して三角形や顎のとがった人は直線ラインや角張ったタイプは避けます。直線的な部分が強調されたフレームだとギスギスした印象になります。

メガネを選ぶ時はフレームカラーを考えることもポイントのひとつです。肌の色がイエローベースだと、明るいブラウン系やピンク系のフレームをかけると肌のツヤや光沢がでて明るく華やか感じを演出できます。またブルーベースの人がグレー系やワイン系のメガネをかけると肌に馴染みやすく目元を明るく見せることができます。