コーディネートに合わせて複数用意する

メガネは視力の矯正目的だけでなくファッションアイテムとして活用することもできます。女性からモテるためのアイテムとしてメガネを使用する場合に重要となるのが複数の所持です。一口にメガネといってもレンズの形からフレームのデザインに至るまで様々な種類があります。ファッションアイテムとして利用するのであれば、その日のコーディネートに合わせて使い分けるのがポイントです。視力矯正用のメガネはレンズ度数で値段が変わるので安くても数万円近くします。それに対して度が入っていない所謂伊達メガネは数千円程度で購入することも可能です。自分の普段のファッションに合うメガネをいくつか購入しておくことが女性からモテる秘訣となります。

掛ける以外の活用法を身に付ける

視力の矯正目的でメガネを使用している人は外出時は常に掛けていなくてはいけないので用途が限られてしまいます。しかし、メガネをオシャレアイテムとして使うのであれば必ずしも掛ける必要はありません。頭の上に乗せる、テンプル部分をシャツの襟元に引っ掛けるといったアクセサリーのような使い方もできます。男性がネックレスを着用した場合、素材やデザインによっては遊び人のような軽い印象を与えてしまうことも少なくありません。その点メガネであれば柔らかい印象を与えられる上に通常とは異なる使い方をすることでセンスの良い人というイメージを持たれやすくなります。モテる男になるにはメガネは掛ける物という固定観念を捨てて自分なりの使い方を見つけることが大切です。